外装磨きは手仕上げ?機械仕上げ?


時計のケースを磨いていたら、前に話したことを思い出した。

時計のケースは一般的に、パフモーターという機械を使って仕上げる。

研磨剤をつけた円形の布やフェルトをモーターで高速回転させて、そこに時計のケースを押し当てる。簡単に言うとこんな感じ。

僕はこれを、「機械仕上げ」と呼んでいる。

電気で動く機械を使うから。

バフモーターという機械を使わなくとも仕上げることはできる。 もちろん道具は使うが、電気の力を必要としない。

僕はそれを、「手仕上げ」と呼んでいる。

これは僕の中での区分。

もちろん、このような区別ではないところもある。 あるメーカーは、僕が「機械仕上げ」と呼んでいる方法を、「手仕上げ」とお客様に説明する。

不思議に思ったので理由を聞いてみた。

「時計のケースを手で持って作業しているから」だそうだ。

うまい解釈だ。

お客様にとっては「手仕上げ」の方がイメージがいいように思う。 機械仕上げがだめなわけではないのだが、時計に限らず、手仕上げの方がいいイメージな気がする。

時計の場合は、気がするだけでなく実際に多くの利点がある。

手で磨くことで、削りすぎを防ぐことができ、ケースの見た目(エッジや雰囲気)だけでなく耐久性まで細かく考えて作業ができる。

但し、時間がかかる。

「時間=お金」

これを気にしないでよければ、「手仕上げ」をお勧めする。

もちろん電気を使わない方の「手仕上げ」。

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

​ご利用可能な決済方法

OverCoilでは以下の決済方法がご利用いただけます。

​【銀行振込】

指定の口座に代金をお振込下さい。

​発送はご入金の確認がとれてからの発送となります。

​【代金引換】

RSS Feed

佐川急便宅配員に代金をお支払下さい。

支払い方法は現金またはクレジットカードがご利用いただけます。

​ご連絡があり次第発送させていただきます。

​【クレジットカード】

佐川急便の代金引換決済にてクレジットカードがご利用いただけます。

代金とは別にカード手数料4%が発生いたします。

​代金引換と同じくご連絡があり次第発送させていただきますので、代金を宅配員にお支払下さい。

最新記事
特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
もっと見る
もっと見る

MENU

Price List

Store

​〒160-0007

​東京都新宿区荒木町6

東京都公安委員会許可古物商 301001505747

Copyright (C) 2017 overcoil.jp