oc_tempup_re.JPG

OverCoilでは、お客様の大切な時計に負荷をかけないために、お預かりした時計の状態を考慮した上で時計に負担の少ない方法でオーバーホールをさせていただいております。

アンティークの時計などの古い時計はパーツが傷んでいたりする場合があり、一般的に使われる洗浄機では負荷がかかってしまう場合がございます。そのような場合はオーバーホールの施工でパーツひとつひとつを手作業にて分解洗浄し、汚れを落としていきます。

コンプリートオーバーホールサービスの流れ

DSC08168rewt.jpg

​1.症状と動作の確認

当店ではまず届いた時計の針送りや日付の動作など、全ての機能の動作確認します。オーダーシートにてお伺いしている症状も確認し、他に修理が必要な状態ではないかチェックし、合わせてお見積もりを算出させていただきます。

OH_tenpu.jpg

​2.分解

オーバーホール・修理のお見積もりをお客様に確認し、価格や作業内容にご同意いただいた後、お預かりの時計は分解作業に入ります。分解作業は部品に傷をつけないように熟練の職人により慎重に行われます。

oc_cl_case-2.JPG

​3.洗浄

​分解された各部品に付着している汚れや油を特殊な洗浄機で洗い落としていきます。部品の摩耗具合や耐久性から判断し、薬剤を使用した手洗いで対応する場合もあります。

oc_tenken_re.jpeg

​4.点検と修正

​洗浄によって綺麗な状態になった部品は一つ一つ細かく点検していきます。機能的に問題があり修理が必要な時計は、

この時点で症状の具体的な原因を詳しく調べ、修理の方針を決めます。

oc_tempup_re.JPG

​5.組み立てと注油

部品の点検が終了したら、各部品を慎重に組み立てていきます。組み立てる際には時計専用の粘度の異なる複数の潤滑油を適正な箇所に適正量注油しながら組み立ていきます。注油量が多すぎたり少なすぎたりすると時計に負担がかかってしまいますので、技術と経験が必要な作業です。

oc_cyousei_re.jpg

​6.調整

​組み上がった段階で歩度計にて様々な姿勢で検査をし、当店の基準内に収まるように調整していきます。この調整で精度が詰めきれない場合は、機械や部品そのものに問題がある場合も考えられるので、再度オーバーホールや修正を行う場合もあります。

oc_pakkin_koukan_re_edited.jpg

​7.消耗品の交換

​オーバーホールには電池やパッキンといった消耗品の交換が含まれます。劣化したパッキンは時計の浸水の原因にもなり、古い電池は液漏れを起こし回路をショートさせてしまう可能性がありますので、必ず交換させて頂きます。

8.防水検査

​時計の防水性能を検査します。防水性能の基準は時計によって異なりますが、時計を安全に使っていく上で重要な検査になります。

DSC01030rere.jpg

9.試運転と検品

​時計の機能が全て正常に動作するかを点検し、実際に日数をかけて様々な姿勢で試運転をします。試運転で結果が思わしくない場合は再度調整、結果次第では再度初めからオーバーホールをやりなおす場合もあります。

​厳正なテストに合格した時計は最終検品にかけられ検品タグが取り付けられます。

10.時計のお届け

​各種検査に合格し、動作・機能に問題がなければオーバーホール完成となります。オーバーホールを終えた時計は、専用のラッピングボックスに入れられ、動作保証書と一緒にお客様の元へ届けられます。大切な時計がお客様といつまでも同じ時を過ごせるよう技術者・従業員一同願っております。

DSC08143re.JPG