tenshin_kataomo_re.jpg

​浸水や衝撃により破損していたり、経年劣化により部品の摩耗が見られる時計はオーバーホールだけでは治らず、修理が必要になります。修正のみで対応できる症状もあれば部品の交換が必要な症状もあります。その時計が廃盤であったりアンティーク時計の場合は部品が見つからない可能性もあり、その場合は対応できる範囲で部品の製作も承っております。

オーバーコイル​修理サービス

371b0f_d4403b679c054d3d8907c2362729fc26.jpg

​部品交換

​時計の機械の部品や外装が破損または欠損している場合は部品交換が必要となります。当店では海外を含めて部品をお探しすることは可能ですが、部品の在庫がない場合もございます。

​また純正部品で対応できるものとできないものがありますので、お見積もりの際にご確認ください。

​部品制作

部品によっては制作が可能なものもございます。

​部品制作はその部品と噛み合う部分の形状まで考慮して製作する必要がありますので、その時計専用の部品となり、知識と技術・経験が必要な作業となります。

seisaku_re.jpg
tenshin_kataomo_re.jpg

​部品修正

​部品の摩耗具合が修正できる範囲内であれば、修正による修理が可能です。正常な動作が確認できるまで、精密な調整と試運転を繰り返し、修正していきます。

​参考修理料金

一部ではありますが、修理料金の概算をご案内いたします。

​ブランドやモデルによっては価格が異なる場合もございますので、正式な料金はお見積もりにてご確認ください。

​※価格は全て税抜き表記になります